空気人形 2009年公開(評価A)

今回は、とっても切ないファンタジーです。R-15指定ですが、そんなに気にならない作品になってます。
評価はAです。ぜひ見ていただきたい作品です。
a0012356_17475098.jpg
あらすじ
秀雄はラブドールに「のぞみ」と名づけて話しかけたり、抱いたりして暮している。人形がある日、瞬きをしてゆっくりと立ち上がり、軒先の雫(しずく)に触れて「キレイ」と呟く。いろいろ試着して結局、メイド服で外出。ビデオ屋の店員・純一に惹かれ、アルバイトを始める。秀雄にキスされながら「私は心を持ってしまいました」とつぶやく。
純一に自分と似た空虚を感じ取る。店長の鮫洲から「好きな男はいる?」と尋ねられて否定し、「心を持ったのでウソをつきました」という。秀雄から「お前は年取らないでいいな」といわれるが、「私は性欲処理の代用品」「型遅れの安物」と思う。死を予感する元国語教師の敬一に「私は空っぽ」というと「君だけではない」といわれ、吉野弘の詩「生命は」[3]を教えられる。還らぬ母の帰りを待つ女の子と父親、執拗に若さを求める佳子、やたら覗きたがる浪人生など街には虚しさを感じている人が多いことを知る。
ある日、店で釘を引っかけて穴が開く。純一は驚きながらも、必死に息をおヘソから吹き込んで救う。誰もいない店内で2人は抱き合う。幸福を覚えるが、帰宅すれば秀雄との生活が待っている。純一の部屋で前の彼女の写真を見て嫉妬する。仕事で「お前の代わりなんかいくらでもいる」といわれた後、ビデオ屋に寄った秀雄が恋人だということを純一には黙ってやると脅されて店長と寝る。自分の運命にジレンマを覚えるが、秀雄が新しい人形を手に入れ、ケーキで祝っているのに激怒。心を持ったら面倒くさいといわれて家出。敬一は代用教員で「ずっと空っぽの代用品」で淋しかったか忘れたという。生みの親である人形師の園田の家で同じ人形たちが帰った時にそれぞれ顔が違ってくると聞き、心を持ったことの意味を理解する。園田に「生んでくれてありがとう」と告げる。何でもする、というと純一は空気を抜きたいといって抜く。今度は人形が純一のヘソに穴を開け、吹き込もうとする。(Wikipediaより)
評価と感想(ネタバレあるかも)
 最初に思ったのは、設定がぶっ飛んでる。空気人形つまりダッチワイフが、主人公なのです。“性処理の代替品です。”というセリフがあるようにまぎれもなくダッチワイフです。
“心を持つことは、切ないことでした”がキャッチフレーズで、その通りで空気人形が意思を持ち、普通の人のようになるのです。心を持ったばかりで、精神は幼稚で空っぽ。そんな空気人形の切ない恋の話になってます。
 全体的に演技もしっかりしてて、石のように固まって見入ってしまいました。見ごたえのある作品だといえます。途中から、とっても切なくなりました。キャッチフレーズに偽りなしです。
 最終的な評価としては、Aとしました。ぜひ見ていただきたいですし、周りに勧めたくなる作品です。静かな作品ですので、派手な演出がないと映画じゃないという人には向きませんが、ご了承ください。
 是枝裕和監督インタビューの記事がありましたので、参考にどうぞ。


この記事へのコメント